ポリマーコーティングの持続効果は、その車の環境によって大きく変わってきます。

掲載ショップ募集中!詳しくはこちらからお問い合わせください。
ページ
トップ

実際の持続効果が気になるポリマーコーティング

  • 施工証明書に記載されている期間を
  • 満足してメンテナンスできないケースも多いのが現状で、
  • 状況によっては安価なポリマーを小まめに施工する事も有効です

ポリマーの実際の持続期間

ポリマーコーティングの実際の持続効果はどのくらいか?
ポリマーを検討している方の多くが抱く疑問です。

長持ちするコーティング

ポリマーコーティングは種類ごとで耐性年数が変わってきます。
大きく分けてポリマーには樹脂ポリマーとガラス系ポリマーがあると紹介していますが、ガラス系ポリマーの方が耐久性は強く、1年~5年などの長期間の保証を付けているコーティングも多いです。

施工証明書のページでも説明していますが、ポリマーの耐性期間に応じた施工証明書がある事で自動車保険を使用して修理する際に施工証明書がある事でコーティングの補修も受ける事ができます。
こういった万が一の事を考えるとポリマーの耐性年数は長い期間の施工証明書を発行される物を選ぶのがお勧めですが、施工証明書に記載されていいる耐性期間と実際にポリマー効果が持続する期間は同じとは言い切れません。

ポリマーの持続効果というのは、その車のオーナーの捉え方次第で変わってきます。
施工直後の抜群の光沢と水や汚れを弾いている状態を基準にするのであれば施工して数週間~数ヶ月程度でコーティングの効果の退化は大小差はありますが少なからずあると言ってよいでしょう。

ポリマーコーティングが完全に落ちて効果がなくなるまでの期間と、汚れを弾いて頻繁に洗車しなくても綺麗な状態を維持できる期間は違います。
ポリマーの持続期間とは、どこまでの効果持続を求めるか?の価値観によって大きく変わってくるものなのです。

コーティングの持続はどのくらい?

例えば5年耐久タイプなどの長期間効果が持続するポリマーでも、ほとんどの商品が1年や半年ごとなどのメンテナンスが必要になってきます。

メンテナンスを何もせずに5年などの長期間を一定以上の効果を持続させられるポリマーは現状存在しないと言ってよいでしょう。
メンテナンスを行えば効果は完全に復活するか?といったら、そんな事はありません。

メンテナンスのやり方にもよって大きく変わってきますが、施工直後の状態と施工から数年後のメンテナンスした直後の状態は同一になる事は少なく、施工直後の状態の方が高いコーティング性能を誇ります。

また、車の保管方法や使用頻度によってもコーティングの持続期間は大きく変わってきます。
当然室内保管ができる環境であれば、コーティングの劣化も少なく長い期間効果を持続できます。仮に室内保管でも、使用頻度が多く特に高速走行が多ければ車が走る事によって受ける風圧や、砂やゴミ。小石などのダメージは大きなものになり、コーティングをしている事で車の保護はできますが、コーティング自体はダメージを受けて持続期間は短くなっていきます。洗車などのメンテナンス方法によっても持続期間は変わってきます。

メンテナンスキットのコーティング車用のシャンプーとスポンジで力を最小限しか加えずに手洗い洗車を行っていれば効果は長持ちしますし、ガラスコーティングなどの硬いコーティングは洗車機も可能と表示している商品も多いですが、実際の所は手洗い洗車に比べればコーティングへのダメージは大きくなります。

もちろんコーティング車には御法度のコンパウンドなどの研磨剤を使用して磨けば更にコーティングの効果は早く消滅してしまいます。
ガラスコーティングに関しては全体にガラスの膜を形成してますので一部のコーティングが剥がれると、そのパネル全体のコーティングの耐性が短くなってしまいます。

この様にコーティングの持続期間というのは保管状態や使用頻度や使用状態。メンテナンス次第で大きく変わってきます。
全体的に見ると、よほど使用頻度も少なく汚れや誇りもたまりにくい室内保管で眠らせていなければ、コーティングの施工証明書などに書かれている期間を満足の行く効果を持続させれるケースは極めて少ないというのが現状です。

それでもポリマーは従来のWAXなどに比べれば耐久性が高く、樹脂系に比べればガラス系が耐久性に優れている事。
下地処理が雑な業者よりも丁寧な業者の方が持続効果が高い事は間違いなく言えます。

安いコーティングをこまめにかけるのもアリ

ポリマーコーティングは耐久性が非常に高いコーティング方法である事は間違いありませんが、保管状態や使用頻度など車への負担のかけ方で持続期間は大きく変わってきます。
コーティングの種類を選ぶ時は、単純に耐久年月が長い物を選ぶのではなくて、車の使用用途に応じて適したコーティングを選ぶ事が大切で、持続効果が短くなる事が予想される環境であれば、耐久年数が5年など長い物を選ぶのも有効ではありますが、あえて1年耐久の安いコーティングなどを施工して小まめにコーティングを新しくかけ直すという方法も検討すると良いでしょう。