車のコーティングは下地処理をしっかりして施工することで、簡単なメンテナンス程度でも長い期間効果を持続する耐久性があります。

掲載ショップ募集中!詳しくはこちらからお問い合わせください。
ページ
トップ

車のコーティング|ポリマー加工の効果と保護性能

  • ポリマーコーティングはワックスなどに比べても
  • 車の保護能力が高く、ポリマーで車を保護する事により、
  • 車本来の光沢や艶を長い機関維持する事ができ、
  • 洗車の手間や耐久性が高いなどさまざまな効果があります。

ポリマー加工の効果と保護性能

ポリマー加工の効果は、ワックスなどと比べても高い車のコーティング・保護性能を得る事ができることです。

効果比較

簡単に表現すると通常のワックスは、油系原料などの固体を塗るという感覚ですが、ポリマーは下地処理の上に膜をはって車を保護する効果があり、酸化や油汚れとの同化もしにくく、塗料がダメージを受ける様々な要因から車を守ってくれます。

ポリマー加工をする事で、洗車も水洗い洗車。汚れがひどいときでもシャンプー洗車(可能であればポリマー車用のシャンプー使用)などで大体の汚れを落とす事ができます。
車のコーティングが持続している間は数ヶ月に一度洗車後にメンテナンス材を塗るなどの簡単な手入れは必要ですが、洗車の手間自体も楽になります。

そして一番の魅力は車の塗装そのものを保護するという事です。

コーティングで愛車を保護

最近の乗用車の塗装自体も質のいい物になってきてはいますが、長い年月が経過すれば必ず色あせや日焼けなどをしていき、艶や輝きがなくなり、ひどいものでは塗装自体が剥がれてきてしまいます。

愛車をコーティングする事で塗装が保護され、長い期間、新車時に近い艶と輝きを維持する事ができます。

コーティング効果で光沢と輝きを維持

ですので高年式の綺麗な車からコーティング施工する事が勧められていて、効果が切れたら再度コーティングをかけなおして、常に塗装を保護した状態を維持する事がコーティングの効果を最大限発揮します。

下地処理

さらに種類ごとに特徴もあり、

  • ガラス系ポリマーを白や黒系の車に施工するとより光沢や輝きが増して見える。
  • 通常の樹脂系ポリマーを青や赤色の車に施工すると、みずみずしさが増し、より鮮やかな色に見る。

という効果があります。

車好きの方ですと、その車を一目見ただけでコーティングをしているかしていないか分かる人もいるくらいで、車の保護だけではなく、より車を美しく見せるカスタムとしてもポリマー加工は効果を発揮します。

またポリマーはしっかり下地処理をして施工する事により、簡単なメンテナンスだけで長い期間効果を持続する耐久性があるのも特徴です。